WISM

World Interest Souvenir Market

NAV

FEATURE

main_MG_5324_2

The Next Osaka

新大阪発、成田行き

Photo_Yuichi Akagi(Portrait)
Text & Edit_Maruro Yamashita

ここ数シーズンのWISMのセレクションの中には一つの見逃せない傾向が生まれている。それは、今この時代を代表する関西エリア発のブランドの多さだ。いずれのブランドに関しても表象的にはあまり共通点を見出せないが、その内側にある確かに共通しているものをディレクターの市之瀬智博は感じているという。そんな、”The Next Osaka”と称すべき4つのブランドを、市之瀬自身によるコメントでご紹介致します。

Introduction

「昨年4月にWISM 堀江店が出来たっていうこともあって、意識的に大阪のブランドを増やしていたっていうこともあるんだよね。WISMってのは”World Interest Souvenir Market”って言葉の頭文字をとっているんだし、その地場のブランド、つまり大阪のブランドってのは絶対に必要だったんだよ。地元愛の強い土地でもあるし。それに、何と言ってもそういう理屈を抜きにしても取り扱いたいブランドがたくさんあったからな。そういうブランドたちって大阪独特の視点で、今のムーブメントを咀嚼してる感じがして。そういうところがWISMにもハマるし、うちの堀江店も含めて、もっと大阪を盛り上げて世界に発信していきたいなって思ってる」

THE UNION

brandlogo1

「実は<THE UNION>だけ今シーズンはオーダーを飛ばしちゃってるんだよね。オーダーしたかったんだけど、web上でオーダーするシステムがどうしても分からなくて… ここは幾つかのブランドが集まったユニークなレーベルで、ディレクターの牧田耕平くんは同い年だし、見てきたものとか通過してきたものが大体一緒なんだと思うんだよね。だからあの人の作る服って、安心するし響くんだよ。古着とかにルーツがあるのかもしれないけど、そういう部分をやみくもに出すこともないしね。ベーシックなトップスを中心にオーダーしているけど、そういうアイテムもディテールやシルエットで今の要素をきちんと取り入れてたりもして、バランスがちょうど良いんだ」
http://theunion.jp/

ink

brandlogo2

「このHPの<Feature>でも前回取り上げているリメイクブランドの<ink>。ここの魅力は何と言っても、物凄い作り込んでいるっていうところだな。今までのリメイクのイメージって、例えば刺繍を入れる、切って貼り合わせるとか、言い方的にはチープだけど、そんなイメージだったと思うんだよね。あいつらの場合、一回バラして、それをパーツごとに番号振って、パタンナーが作り上げるっていうやり方だから、リメイクっていうよりは再構築なんだよ。アイテムのシルエットとかも良い意味で現代的になったりして。渋谷店でPop Up Storeをやったりしていたり、うちではいろんなアイテムをピックしてるけど、なかでもミリタリーアイテムをバラして作り上げたようなアイテムが多いかな」
http://ink-web.net/

brand2_item

PANTS:¥28,080(tax in)

THE モンゴリアンチョップス

brandlogo3

「こいつらはヤバイよな〜。最初は<THE UNION>の耕平くんに紹介してもらったんだけど、しっかりとした世界観を持ってやってるよね。売れるとか売れないとかってのは、いまの時代では凄い大事なことなんだろうけど、それを超えてるんだよ。売れるとか売れないじゃなくて、僕たちの好きな世界観を表現します! みたいな気持ちを感じてさ。結構ギリギリなところをいってるんだよ。ただのおふざけなのか、本気なのかの境界線の。そこを、本気が勝ってるってやつで。さじ加減が上手いんだ。今シーズンから取り扱いスタートなんだけど、定番的なラインナップだけをオーダーしてるかな。今のところは。次はクセ強いのもやってみようかなって思ってる」
http://themongolianchoppsss.com/

brand3_item

T-SHIRTS:¥6,480(tax in)

WHIMSY

brandlogo4

「元々堀江店のすぐそばで働いていた子が作ってる靴下中心のブランドでさ、良い奴なんだよ。それで、リアルスケーターだからね。スケーターの作る靴下ブランドで、チューブソックス多めってのがなかなか面白いよね。いわゆる”なにわ感”はあまりないけど、こういう世代もいるっていうことが”The Next Osaka”って感じがするんだよな。ラインナップも絞り込んでいるし、手に取りやすいポップさがあるところも含めて、海外のインデペンデントなブランドみたいな匂いがすると思ってる。もちろん、靴下のクオリティは凄く良いんだよ。履き心地も良いし、耐久性もバッチリ。俺は靴下の左足だけよく穴が空きがちなんですけど、<WHIMSY>のは全然平気っす」
http://whimsysocks.com/

brand4_item

SOCKS:¥1,620(tax in)

WISM 堀江店にて今回紹介した4つのブランドによるPOP UP SHOPが開催決定!

“新大阪発、成田行き” @ WISM 堀江店
スタート:5/13~(予告なしに変更する場合がございます。)
場所:WISM 堀江店

The Next Osakaな4つのブランドに対して、WISMというキーワードからExclusiveなTシャツとキャップを製作してもらうという、まさにThe Next Osaka meet WISMな世界観が展開されるイベントです。大阪発のブランドによる新たな表現。世界に向けたストレートでポップなスペシャルアイテムに乞うご期待。

FEATURE TOP