WISM

World Interest Souvenir Market

NAV

FEATURE

wism_f5_main

Belief

You need to know about Belief

Text & Edit_Maruro Yamashita

ここ数年に渡るファッション業界の大きなトピックの一つが、スモールカンパニーによるインディペンデントなブランドの隆盛だ。荒削りな部分を残しながらも、SNSなどを駆使した現代的なブランディングによって日々、ストリートの噂や評判を更新していくブランドの数々。その中でもひと際大きな存在感を示しているのが、NY発の<Belief>だ。スケートボードカルチャーと密接に結びつき、NYのQueens、Astoriaというエリアに同名のスケート&クロージングショップも構える彼らへのExclusive Interview。

wism_f5_1

ー <Belief>をスタートさせたのはいつですか?
「2010年の7月だよ」

ー スタートさせる前は何をしていたんですか? あなたたちのバックグラウンドを教えてください。
「自分たちが育った、NYのWestchesterにあるローカルなスケートショップで働きながら、スポンサードもされていたんだ。洋服のデザインには常に興味があったし、機が熟したらそういったカルチャーやライフスタイルに没頭する生活を送りたいと願ってたよ」

ー どのように< Belief>をスタートさせたんですか? 同時に、お店もオープンさせたんですか?
「元々、自分たちの洋服のブランドを作りたいと思っていて、お店をオープンさせるのと同時に<Belief> をスタートしたんだ。ブランドを作りたいなーと考えている間は、今お店で取り扱っているブランドとも良い関係性を築いたりしてたんだよ。
お店があるっていうのは、自分たちのスタンスや美学を示す良い手段であると同時に、<Belie>”を、他のアップカミングなブランドと区別する上でもとても役立つ。他のブランドとの差別化というのは、スタート当初からとても重要なことだと捉えているよ」

wism_f5_2

ー <Belief>はどういうカルチャーから影響を受けてるんですか?
「僕らが常に大きな影響を受けている文化はもちろんスケートボーディングだよ。そして、普段のインスピレーションは本当に身の回りのことから得ているんだ。それが北部の自然豊かな環境であろうと、都市部の目まぐるしいような環境であろうとどちらからもね。そして同時に、まだ他のブランドが手をつけていないようなテーマに興味を持ってる。例えば宇宙空間や、神秘的な何か、有史以前の存在や自然災害など、冒険というリスクを冒さなくては手に入れられないようなことだね」

wism_f5_3

ー <Belief>が大切にしていること、モットーを教えてください。
「そもそも、スケートショップのオーナーをやっている友人と一緒に、新たな場所で新たなお店をオープンさせようとしていたんだ。けど、途中まで進んだところで、友人がそのプロジェクトから抜けることになったんだ。で、自分たちのビジネスをスタートさせる決心をしたんだよ。経験や知識のある友人の助言がなくても、自分たちだけで成功させれると信じていたしね。自分たちのクリエイティビティが自然と良い感じに発揮されると良いなと思ってる。自分の能力を信じて十分に努力すれば、誰でも、心に抱いた目標を達成することができる、というメッセージを伝えていくのが大切だと思っているよ。
モットーやスローガンをリサーチをしていた時に、”Excelsior(より高く)”というスローガンを発見したんだ。NY州のスローガンなんだけどね。そのモットーに基づいて活動しているんだ」

ー <Belief> があるAstoriaはどんな街?
「Astoriaはまさに地元って感じのエリアだよ。いつも同じ顔ぶれがいて。どんどん若い奴らが移って来ていて、景気も良い感じだよ。クールなBARもどんどんオープンしてるし。それに何と言ってもAstoria Skateparkがお店の近くにあるってのが最高だよ。NYCの中でも最も素晴らしいスケートパークの一つをホームに出来るんだからね!」

wism_f5_4

ー 最近ではインディペンデントなスケートブランドの流行がファッション業界で大きなトピックになっていますが、そのことをどう思いますか?
「スケートボードが洋服業界のクリエイティビティの最前線になってから20年以上が経つけど、これまではもっとアンダーグラウンドレベルの話だったよね。でも今はもっと注目を浴びているし、色んな人達から認められているよね。個人的にはとても良いことだと思ってるよ。
一般的にいって、自分が愛していることを情熱を持って行えば、物事は成功するはずなんだ。今は多くのブランドが良い感じにビジネスを行えていそうだし、そういうブランドはどこも仕事を楽しんでるように見えるよね。皆に興奮させられるし、皆が成功することを願っているよ」

ー どこかのブランドとのコラボとかは考えていますか?
「今までに誰ともコラボをしたことがないんだ。現状では、自分たちのブランドを運営できていることが幸せなんだ。でも、近い将来どこかのブランドとコラボすることを考えることになると思うよ。時が来たらスペシャルなプロジェクトを考えたいね」

ー WISMには来たことがありますか??
「無いんだ。本当に行きたいと思ってるよ、バイヤーやマネージャーには何度かNYで会ったことがあるけど、とても素晴らしかった。いつか行くことが出来ると良いなと願ってるよ」

ー では、WISMにどういう印象を抱いていますか?
「WISMのお店の美学を愛しているよ。取り扱っているブランドも勿論素晴らしいし。WISMにセレクトしてもらってとても感謝しているし、毎シーズンお店でBeliefをpop-up展開してくれていて本当に嬉しいよ。本当にクールだし、関われて嬉しく思っているよ」

ー 最後に、何か一言もらえますか?
「日本の人たちに興味を持ってもらえたりサポートをしてもらえて、本当に光栄だよ。自分たちのやっていることを、国境を越えて多くの人たちにサポートしてもらえて本当に幸せだよ。日々頑張って働いて、マチガイない洋服を作り続けるよ! WISMにもBeliefに興味を持ってくれてありがとうとシャウトアウトしたいね。これからも一緒に仕事をして、次のステップに進みのが楽しみだよ!」

この夏の<Belief>の新作 グラフィック紹介

wism_f5_5

洗練されたグラフィックが特徴の<Belief> の16 Summer Collection。NYストリートらしさを感じさせつつも、ポジティブな雰囲気と、他所とは一線を画すモチーフのデザインが多いのが特徴的。

FEATURE TOP