WISM

World Interest Souvenir Market

NAV

FEATURE

DSC_3356

WISM SHINJUKU STORE
GRAND OPENING

Edit_Maruro Yamashita
Photo_Haruki Matsui

10月28日(土)、WISMにとって3店舗目となる新宿店がオープン致しました。東京が世界に誇る繁華街を持ち、外国人旅行客の姿も非常に多く見かけられる地域でありながら、ファッション的なイメージはいわゆる大型デパートやファッションビルが担うところが大きいエリアである新宿。決してWISMにとっても親和性が高いとは言い切れない街で新たなお店を展開することになった理由とはなんだったのでしょうか? ディレクターの堀家龍に話を聞きました。

DSC_3352

DSC_3306

ーそもそも何故、新宿に新店舗をオープンさせようと考えたんですか?

堀家:いわゆるファッションビルディングへの出店ていうのは違うなと思っていて。どうせやるんだったら、実験的なところにっていうイメージがあったんですよ。渋谷と大阪にあるから次は名古屋だよねとか、そういうベーシックなのじゃなくて。あとは、自分がすぐにお店に顔を出せる距離に出店したいっていう気持ちも強かった。自分のアイデンティティーとかが薄れないように、スタッフと顔を見て話せるっていうのは、絶対条件でした。そうなった時に考えついたのが、銀座、二子玉川、新宿だったんですよね。通用するかどうかっていうのも、挑戦してみたかったという気持ちがあるので。

DSC_3338

ーなるほど。いずれもWISMのイメージとは異なるエリアで、いずれの場所に出店していたにせよ、非常に実験的な試みですね。

堀家:渋谷っていうところに旗艦店があるので、そこではやれないこと、出来ないことを試してみたいっていう気持ちがあったんですよね。それで、お店のコンセプトが”実験”だったんです。

ー新宿店のコンセプトは”実験”なんですか?

堀家:正確には、”ゲームセンターと実験室”。

DSC_3308

DSC_3312

DSC_3370

ーゲームセンターというのは?

堀家:ゲームセンターってガキの頃とかに喧嘩したり、友達作ったり、少なからずそういう出会いの場で、人と人がつながっていくというような、小さいながらも社会秩序というものを学んだ場所だったと思うんですよ。自分にとってはコミュニケーションの場という側面があったんですよね。それに、何と言っても夢があるじゃないですか! だって、ゲーセンに来てタダでゲームできるんですよ。ヤバくねーっすか(笑)? 男の夢みたいな感じですよ。対戦したいですね。この後ビリヤード台も入るんですよ。

ーそれ、お客さんが普通にやることも出来るんですか?

堀家:もちろんです。平台としても勿論機能させていくんですが、友達が試着している間、暇だし一発やります? みたいなのは全然OKです。勝ったら買っていってね~みたいな(笑)。

ー(笑)。お客さんとの新たなコミュニケーションの形ですね。

堀家:そうですね。洋服を通じての話っていうのは、洋服屋なんで当たり前なんですけど、それ以外の部分でもコミニュケーションをとってみたいなって思っていて。

ーもう一つのテーマである”実験室”ですが、具体的に何かプランはあるのでしょうか?

堀家:〈Willy Chavarria〉との〈Willy Chavawism〉とか、今月仕掛ける〈Loopy Hotel〉とか、色々なブランドとWISMの仕掛けを、それぞれ一つのブランドみたいにしていきたいんですよね。単なる別注っていうことじゃなくて。そのフルラインナップが揃います、最終的にはコレクションをやりますとかってことを、実験的に、この台の上からやっていけないかなって。

DSC_3319

DSC_3330

ーなるほど。

堀家:ここから発信して、世界に届けていくみたいな。ここで最初に一発試したいんですよね。目指すところは”BEST IN THE WORLD”って決めているんで、どこに出しても通用しないとダメだと思ってます。言い方を変えれば、新宿だからこうだろうみたいな、お客さんをバカにするような仕入れとかMDは一切していません。引き続き変わらないです。自分が格好良いと思ったものをひたすらチョイスして、ピックして、その中でどうやって編集していくかっていうことだけなんで。場所的にこれが良いだろうとか、これが売れそうっていうやり方って、お客さんを一番バカにしていることだと思うんで、それは絶対にしたくないと思ってます。

DSC_3342

DSC_3343

ーひたすらに自分たちの格好良いと思うものを、お客様に提案し続けるっていうことですね。相変わらず熱い気持ちがこもっていますね。

堀家:そうですね。そういう気持ちは店の中階段にも実は潜んでいます。一段毎に、自分の座右の銘とか、好きな言葉が書いてあるんですよ。“BEST IN THE WORLD”とか、“KING OF STRONG STYLE”とか。だから、一段一段踏みしめて上がって来いよって。そういう毒っ気もある階段にしています。

DSC_3331

DSC_3347

ー毒っ気と言ったら、オープニングの際の、小池百合子知事が希望の党を立ち上げた際のビジュアルをモチーフにしたビジュアルも話題になっていましたね!

堀家:最初はまさにあのときの写真をそのまま使いたかったんですけど、さすがにマズいなと。でも、そっくりさんならOKかもと思って、ああいう仕上がりになったんですよね。これは最終的には凄い好評でしたね。毒にも薬にもにならないようなイメージビジュアル作るんだったら、徹底的に毒な発信をしようって。最終的に店に来てもらって格好よければそれで良いんだし。これすらも実験の一つなんです。

DSC_3365

WISM SHINJUKU STORE
東京都新宿区新宿4-1-7 2F
03-5361-7760
11:30~20:30

FEATURE TOP