WISM

World Interest Souvenir Market

NAV

FEATURE

DSC_3852

LOOPY HOTEL × WISM
“DIVA COLLECTION”

Edit_Maruro Yamashita
Photo_Haruki Matsui

国内外から数多くのブランドを取り扱っているWISM。そのセレクト基準は非常に単純明快で、自分たちが格好良いと思うかどうか。故に多様な価値観も混在する訳ですが、その中でもじわじわとその存在感を増してきているのが〈LOOPY HOTEL〉です。注目の若手デザイナーであるTEITOによって、16年春夏よりスタートした同ブランド。シーズンごとに展開される、アーティストや映画などをオマージュしたデザインの数々は国内外からも注目を浴びていますが、WISMでは別注として、邦楽、洋楽問わず、皆が大好きなあの歌姫たちをテーマとしたカプセルコレクションを製作。この夢の共演の立役者である〈LOOPY HOTEL〉のTEITOさんに話を聞きました。

DSC_3788

ー『A BATHING APE®主催 Tシャツデザインコンテスト』にはどのような切っ掛けで参加したんですか?

「もともとSK8THINGさんが好きで、審査員のところに名前があったので自分が作ったものを見てもらえればそれだけでいいかなって思って応募しました。なので当時作ったデザインも何となく〈C.E〉の要素が入っている気がします」

ーこれまでに影響を受けて来たカルチャーや人、物について教えてください。

「たくさんの人や物から影響を受けているので迷いますね。〈THE GOOD COMPANY〉が原宿(現在はTOXGOの場所)で初めてポップアップをした時にはとても刺激を受けたのを覚えています。あとは父がブラジルの出身なんですが、僕が小さい時によく車で80sのポップミュージックやディスコソングをかけていたのも、今のデザインに反映されていると思います。今でも良く聞きますし、新しい音楽も好きですが昔のR&Bやポップな曲が好きです」

DSC_3786

ーでは、〈LOOPY HOTEL〉はどのような経緯でスタートしたんですか?

「元々、友人のブランドのグラフィックや、先輩の手伝いでデザインなどをしていたんですが、それが今のマネージャーの目に止まって、自分でブランドをやってみたら? っていう感じでスタートしました」

ー元々Tシャツを作ったりはしていたんですね。

「専門学生の時にも友達と3人でTシャツを作っていたんですけど、あくまで遊び程度でしたね。デザインもできなかったし、知識もなかったのですぐ止めてしまいました。その時に一緒にやっていた二人も別々の道で頑張っているので、将来また何か一緒にできたら面白いかなって思っています」

ー〈LOOPY HOTEL〉というブランド名はどのように決められたんですか?

「ブランドを始めるってなった時に、覚えやすくて呼びやすいブランド名にしたいと考えていました。カッコいいブランドでも呼び方が分からなかったり、名前が長かったりするとなんか嫌なんです。”HOTEL”という単語は初めから使いたくて、そこにキャッチーな言葉の”LOOPY”をはめてみたらしっくりきたので。映画のタイトルにもありそうな名前で気に入ってます」

DSC_3793

DSC_3796

ーWISMというお店にどのようなイメージを抱いていますか?

「ハイエンドなブランドもありつつ、〈LOOPY HOTEL〉や他のグラフィックブランドもあったりとバランスが良く、しっかりと提案したいことがあるお店だなと思います。何よりスタッフの雰囲気が良いです! ディレクターの堀家さんや、スタッフの青木さんを中心に皆さんのやりとりも面白くって。ブランドのことをよく理解できていますし、楽しく買い物ができるお店なんじゃないですかね」

DSC_3817

DSC_3813

DSC_3828

ー今回WISMの別注で展開されることになった、女性シンガーをモチーフとしたカプセルコレクションはどのように生まれたのでしょうか?

「そもそもはディレクターの堀家さんからの提案で生まれたコレクションなんです。なので、堀家さんからお題が出て、それに僕がデザインで答えた大喜利みたいな感じです。制作中も何回も作り直したり考え直したりして。普段よりも悩んだ気がしますね。今までに〈LOOPY HOTEL〉ではしたことのない規模感でのポップアップだったので、絶対にカッコいいものを作りたいという気持ちでいっぱいでした。あとは、LOOKBOOKもブランドとしてすごいこだわっている部分なので、以前にもモデルをして頂いた、風間エイリさんにまたお願いして自分で撮って作りました」

ー今回のモチーフにされた歌姫の中で、特別思い入れのある方や楽曲は?

「半年前に彼女に振られて、この世の終わりぐらい落ち込んでいたのですがその時に、今回のコレクションで使った日本人歌手の方の曲を聞いてました(笑)。その話を堀家さんにしていたのも今回のコレクションの切っ掛けかもしれないですね。Whitney Houstonも映画『ボディガード』が好きだったので、今回絶対に使いたいアーティストでした」

ーでは最後に、今後の展開目標を教えてください。

「ブランドとしても自分自身ももっと成長したいと思います。今年は今回のWISM別注が最後で、次は来年のSSになるのでしっかり準備してパワーアップしてリリースしたいです。2018年はたくさんコラボもしたいですね、アーティストとなのか、ブランドとなのかなどはまだ分からないですが、みんなが楽しめるものを作っていきたいです」

<Loopy Hotel Look>

1

2

LOOPY HOTEL × WISM Long Sleeve T-Shirts (White / Off White)
¥7,020

3

4

LOOPY HOTEL × WISM Long Sleeve T-Shirts (Black / White)
¥7,020

5

LOOPY HOTEL × WISM Long Sleeve T-Shirts (White)
¥7,020

6

7

LOOPY HOTEL × WISM Crew Neck Sweat Shirt (White / Khaki)
¥12,960

8

9

LOOPY HOTEL × WISM Pull Over Parka (White / Black)
¥14,580

10

LOOPY HOTEL × WISM Sacoche Bag (Off White)
WISM Shinjuku Store Exclusive ¥2,700

11

12

LOOPY HOTEL × WISM Coach Jacket (Navy / Green)
¥15,120

FEATURE TOP